FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-02-02

静物油彩デモンストレーション 前半

静物油彩プロセス その1


この絵は美大受験における油彩画の基本を分かってもらうために私=田所がデモンストレーションしたものです。

F15号です。

20180128_155202切り取りのコピー4 60      20180130_222854 縮小




しかし、油絵を描く初学者にとっても参考になるメッセージとなる幾つかのエッセンスが盛り込まれています。

最も大事なことは、目の前にあるモチーフを写真的にただ写すのではなく、"絵作りをする”ということです。

もっと言うと、目の前にある物を、そのまま“らしく描く”のではなく、目の前にある物のレッテルを取り去り、名詞性を剥奪し、絵という世界観の中に記号化する、ということ。

モチーフに作家が従属するのはなく、作家が主体となること。さらに言えば、絵という器の中に各モチーフが融解し、各々が絵の一部になりきる、ということです。

言葉でお伝えするのは少し難しいですね。

しかし、このベーシックな経験からもっと本当の意味での写実絵画にも向かうことが出来るし、抽象やイメージ画にもすんなりと移行することが出来うる、

いわば絵の初期的段階における“プラットフォーム”になるプラクティス(練習)なのです。



具体的にそのプロセスを見て行きましょう。


① まず最初は単色でデッサン的に描いていく作業です。 私はまあ安直かもしれませんが、最も便利なウインザーニュートンのペインズグレーを用いています。

20180128_155202切り取り60


 この色は非常に便利な色で、最初のおつゆ描きでも、途中段階でのグレージング(透明色がけ)にも用いることが出来ます。
 代替品としては、同じ会社から出ているデイビーズグレーというのもあり、綺麗な半透明色です。(透明色に近いかもしれません。)

この段階では水墨画や木炭デッサンをするくらいの気持ちで描きます。 

細部の表情などもある程度追って、見栄えがするくらい描きます。

筆は最初は大きな豚毛を使って、後から細いセーブルなどを使用します。

最終的にペインティングナイフで厚く盛り上げるパートも作っています。

時間的にはこれで1時間半です。

絵には『ベース』が大切です。

これがそのベースに於ける第一段階です。

ここで一番心がけることは自然な三次元空間とモチーフの構造把握です。

私はそれらをひっくるめて“建て付け”と言っています。


② 次に“持ち色”による有彩色付けです。

20180128_155202切り取りのコピー2 60


あらかじめ3色好きな色を選んでおいて、その色から派生する中間色の明暗グラデーションを作っておくのです。

似ている色相ではなく、かなり異なった色相から選びます。

私は今回、クサカベのフレッシュピンクと、イエローオーカーと、サップグリーンを選びました。

そしてそれらの色に白と黒を適宜混ぜ合わせて渋い“中間色”を作ります。

20180202_224840 50

よく中間色って言うと、淡くて綺麗なシャーベットトーンを思い浮かべますが、中間色の概念はそのイメージとは異なります。

中間色の定義は、最も彩度の高い純色(ビビットトーン)に白と黒を足した色です。

ちなみに、純色に白だけを足していって作られる色は明清色といいます。 
この中にシャーベットトーンやパステルカラーのイメージも入ります。

純色に黒だけ足していった色は暗清色。

実際色を付けていく段階では明度は気にします。

でも最初のモノトーン描きで、明度は決まっているので、あとは感覚的に同じ明度の“持ち色”を当てはめていきます。

同じ明度の色は3種類くらいなので、仕事は早いです。

固有色には全くこだわりません。 ここが重要。 物の色を写そうとすると、迷走します。
(正確な色を“再現”しようと悪戦苦闘するからです。)

自分の好きな色味で楽しみながら進めていきます。

色数がそんなに無いので、大きな色面を塗るために、ここではペインティングナイフを多用します。

ナイフはナイフの質感になってしまい嫌われもしますが、あくまでトレーニングと割り切って仕事していきます。

大きなナイフで全体が大雑把に塗れたら、今度は小さなナイフで作業します。

本当に細かい仕事は出来ない代わりに、これくらい、といった限度が自ずと見えるのもメリット。

だいたい気に入るくらいまで描いて、この段階で『ベース第二段階』終了です。

ここまででちょうど3時間。

美大の試験ではちょうど昼休みに入る時間です。

この段階で重要なのはやはり固有色から離れる、という体験です。

物が絵の中で融解して色彩が響き合います。

セザンヌの絵には、こうした手法が顕著に見られます。

N04724_9.jpg


2018-01-11

新春イラスト展☆

 今日より新百合ヶ丘のギャラリー華沙里で美術の祭典・東京展出品の俊英5人による『新春イラスト展』が始まりました。


メンバーは、7日にはるばる横須賀まで講演会に来ていただいた江川あきら先生を筆頭に、素晴らしい方々となっています。


DM案 新イラスト展のコピー



画廊さんから依頼がありまして、私が企画しました。

コミックアートの若い作家でやりたい、とのことでした。



昨今のイラスト業界はコンピュータのおかげで従来のイラストから豊かに進化・発展を遂げています。

もちろんアナログ時代のイラストも良いものは良いのですが、デジタル・イラストの世界は、アナログでは届かなかった領域にまで拡張して来た感があります。


そして今の若い人の感性を見ていただきたく思います。

20代~30代の作家たちです。

まあ、若いと言っても皆さんキャリアは抜群です!

そして何と言ってもそれぞれ個性が濃いです!!!


池田 優 さん ・・・ ファンタジックでとても温かい絵を描かれます。 今回グッズのラインナップが凄い!

江川あきらさん ・・・ 『カッコイイ』を表現していて、とにかくカッコイイです!! 3mのタペストリーは必見☆

オオタニヨシミさん ・・・ 世界で発表されている作家。 F4サイズのドローイングが素敵です☆ これは早い者勝ち!!

華憐 さん ・・・ 主に美少年・美青年を描きますが、彼女の美意識は大好きです☆ 何だか徹底していて引き算の美学でもあります。

yuki*Mamiさん ・・・ 幻想的な女性の世界をずっと表現さてれいます。じーっと見てると心地よい迷宮感が半端ない☆





約2週間やってますので、何卒よろしくお願い致します。


基本プリントされたものが中心ですが、手描きのドローイングや透明水彩画などもあります。

ある意味、非常にリーズナブルなお値段で販売もしていて、特にプリントの場合、売り切れがないので、いつ行っても気に入った作品を購入出来ます!

あと、ブックカバーやクリアファイル等のグッズ関連も充実。

東京展では陳列出来ないラインナップになっております。



○ 会期 : 2018年1月11日(木) ~ 1月23日(金) (水曜日はお休み) 11:00~18:00 最終日は16時まで。

○ 会場 : ギャラリー華沙里 (小田急新百合ヶ丘駅から徒歩5分)

○ 入場料無料


行って絶対は損はしない展覧会内容と自負しております☆

とにかくたくさんの人に見ていただきたい!!!

2018-01-06

あけましておめでとうございます☆

皆様、あけましておめでとうございます!

1月6日(土)の今日から教室はスタートしました。

小学5年生の、ちはるちゃんからお年賀を頂戴しました☆

20180106_172529 縮小

和菓子司いづみやさんの素敵なお菓子です。

【季節の和菓子】
・上生菓子
山茶花、南瓜、福寿草、
干支戌、鶴、亀、松、朱竹、梅、
初日の出、羽子板、南天、冬薔薇
324円~540円

とある中で、実は私が一番欲しかった『初日の出』(540円!)です。

三代目店主の三堀純一さんは『和洋スウィーツ職人王』を決めるテレビ番組で優勝した実力者であり、新進気鋭の和菓子アーティストです。

どれも素敵でしたが、特にこの『初日の出』が白眉ですね。 色彩感覚に優れ、形態把握も見事です!


しかしながら、とにかく驚きました☆


数日前からウィンドウを見ていて、「人様に差し上げるのにいいな。。いや、自分が一番欲しいかな。」と思って見ていたモノなのです。
ちはるちゃんに聞いたら自分で選んだ、って言ってました。(お母様に言われたそうです、、。)
まさにピンポイント。 “あんたはエスパーか?”状態です。笑

いずれにせよ10歳そこそこの子どもに、これを一点だけ選ぶセンス! すばらしい!!!

大きな声で有難う!と言いたいですね。(普通の声で言いましたが。笑)

勿体無いから当分飾っておきます。


今年も皆様、良い絵を描いてまいりましょう。。
何卒よろしくお願い申し上げます。

2017-12-15

響き合う空間展

 先日横須賀からは、はるか遠くの春日部にある匠大塚まで、『響き合う空間展』を見に行って来ました。

エスペンランサというグループ展でお世話になっている加藤豊先生と、伊藤正人先生の作品がありました。

20171210_130906 60

デパートを改装した巨大なお店ですが、そのエントランスと4Fを使用しての展示。

加藤豊先生はブロンズによる具象彫刻で、非常に格調の高い作品群を展開しています。

20171210_131428 60     20171210_133010 60

もう巨匠の域に達している力量。モデルを見ないで、イメージでだいたいのものは作れるそうです。

見ていて安心感があり、優しい印象を持つ先生の作品ですが、たまに下のようなドキッとさせる彫刻も作られます。

20171210_131441 60

これは『運命』と題された作品。

若い女性がモチーフとなっていますが、そもそも人間存在として、誰しもが与えられている所のものでしょう。
自分の思いだけでは到底行きていけない人生です。
運命を受け入れていくしか術はありません。
しかし、その運命を如何にしてプラスの方向に持っていくかは本人の自由。
そこに創造的解釈を加え、新しい自己を創出してゆく仕事こそ、人生の妙味なのでしょう。

先生の哲学的な作品を今後とも深く味わって行きたいと思います。



 次に伊藤先生の作品。

20171210_130937 60   20171210_131057 60


ここ数年で発表された屋内用の彫刻が多数展示され、壮観でありました。

伊藤先生の石彫は、私的に言えば、非常に平易でありながら切れ味が良く、さらに素材自体の魅力を十二分に引き出しているもの、と感じております。

内容としては、石でありながら石の重さを開放して、なにか他のものに転化させているところがあります。
右写真手前の作品は、普通であったらステンレス作品の形態でしょう。 それを石でやっている所が面白いです。
奥の左右二点はシンメトリーであり、どこか宗教的な雰囲気があります。
(大塚家具さんの高級感とよくマッチしていますね。)

20171210_131346 60

上の作品は“接合”がテーマになっているように思います。
2つのものの接合・・・。
特に手前の白い石と黒い石との接合は、まずもってテクニック的に圧巻です。
そのコントラストにより互いの質感の味わいを高め合ってもいます。
このように隙間ない接合に対して、距離を保った接合もあります。
それは赤い石2つの接合であり、左右の大きな角柱の接合であり、手前奥の最も遠い石同士の接合でもあります。
さらにザラザラした質感とツルツルした質感との接合もあります。
それらが折り重なって、音楽のような複雑さ、心地よさを表出しています。
室内用としては巨大な彫刻。 圧倒的ですね。

その他にはエスペランサではないですが、若手として清水啓一郎先生の作品も印象的でした。

20171210_132946 60

この作家さんはリンゴをモチーフとすることが多く、ギリシャ・ヨーロッパ的な雰囲気を得意とするようです。
東京芸大出身だそうで、深井隆先生に通じるものを感じます。
大塚家具のイメージにピッタリですね。

ちなみに先般、パルテノン多摩に行った時撮影した写真。 深井隆氏によるものです。

20171123_171511 60


あとは、漆芸家・人間国宝 増村紀一郎氏、洋画家の金森良泰氏の作品があり、とても素晴らしい内容の展覧会でした。


もう終わってしまったのが残念ですが、一応HPを貼っておきます。

https://www.takumi-otsuka.jp/special/201711_art/

伊藤正人先生の作品はまだ展示されているとの情報です。
お近くにおい出の際は、是非見にいらして下さい。

2017-11-22

糸瓜と干し柿

 秋ですね。
美術の秋であるとともに味覚の秋☆

今日は新潟はグルグルハウスさんから送っていただいた糸瓜(いとうり=そうめん南瓜)を教室の竹内さんが調理して下さって皆さんで食べてみました♪

20171121_150854 40

味付けは二種類。
ハムとキュウリをプラスしたそうめんかぼちゃに、マヨネーズをかけて胡椒をまぶしたもの。
もう一つは、ポン酢に鰹節。
その両方ともがあまりに美味!!!

カロリーもあまり無いようで、ワタクシ、かなり大量に食べてしまいました。
素晴らしい味です!
有難うございます☆


次なるは夕方にいらっしゃる山田さんが、干し柿を作って持って来て下さいました。
あまりの形の良さに10枚以上、いろいろな組み合わせで写真を撮っておきました。

20171121_174550 40

もともとは渋柿だったそうですが、食べてみるとこれもかなり甘さが出ていて美味しいです☆
完璧ですね♪
まだいくつか残っているので、どなたか運の良い人は召し上がって下さいませ。。

もっと運の良い人は、これをモチーフに絵を描いて下さいませ・・・。


プロフィール

キヌケン

Author:キヌケン
FC2ブログへようこそ!
横須賀は衣笠という町で絵の教室を主宰しております。
私自身は、東京藝術大学絵画科油画専攻(学部・大学院)に学びました。
個展、美術の祭典・東京展(上野)、および現代絵画シリウスというグループを結成して活動してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。