FC2ブログ

2009-11-28

大澤浩遺作展

CIMG110850縮小


 11月24日(火)より神奈川区の区民文化センターである、かなっくホールにて、我が衣笠洋画研究所出身者でいらした故大澤浩さんの遺作展が開かれています。

 大澤さんが亡くなられたのは今から15年も前なので、“遺作展”というイメージはちょっと薄いような気もしますし、展示内容がとても充実していて観る人に感銘を与えるだけのクオリティーもあるので、単に『大澤浩展』でも良かったかもしれませんね。。

 私は大澤さんがお元気なころ、当然交流がありまして、その開放的でいて、とても優しいお人柄に魅力を感じさせていただいておりました。 50歳でお仕事に区切りを付けられ、残りの20年間を絵画に捧げた生き様はシンプルでいて幸せな人生ではなかったでしょうか。

 大澤さんの、一回見たら忘れられないような独特なインパクトを持った絵は、確かに15年前より今見た方が輝きを増しています☆

 みなさんにも是非ともご覧になっていただきたいですね!
(11月30日(月)19時までやっています。)

会場でお配りしている目録には私の拙文も載っていますです。

大澤浩遺作展目録表紙2のコピー

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私も、拝見させて頂きました。水彩が油のようにこってりとしていて、重厚な素晴らしい絵でした。一度見たらば、決して忘れられないような インパクトのある絵ですね。会場が狭く感じられるくらい密度のある展覧会でした。とても、良かったです。

原さま。。

遠いところ有難うございました。

大澤さんの奥様の、非常に丁寧なお仕事が実って、充実した展覧会になりました☆

入場者はカウンターで計って300名を超えました! 個展の数値としてはなかなか高いのではないでしょうか。

ただ、横須賀関係の方々は、特に友人でらした方はもうかなりのご高齢なので、あまりお見えでなく残念でした。

次にどこかで、、というわけには簡単にはいきませんが、これで終わりになってしまうのは本当に勿体無いですね。
プロフィール

キヌケン

Author:キヌケン
FC2ブログへようこそ!
横須賀は衣笠という町で絵の教室を主宰しております。
私自身は、東京藝術大学絵画科油画専攻(学部・大学院)に学びました。
個展、美術の祭典・東京展(上野)、および現代絵画シリウスというグループを結成して活動してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード