FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-11-13

中国取材旅行 4

 11月4日は思い切って新幹線で平遥に行って来ました。

明時代(1368年 - 1644年)の町並みが残っていて、世界遺産にもなっているエリアです。
日本で言うと室町時代(1336年 – 1573年)あたりに相当します。
貧しかったから建て直すことが出来ず、結果的に古いものが丸ごと残って価値を産んだ、というのが実情と、どこかに書いてありました。

620181104_132526 50

石造りのため、残すことが出来たのでしょう・・・。
雰囲気のある佇まいです。


時系列的に言うと、ホテルから歩いて行ける太原駅からではなく、空港との中間距離にある新しい太原南駅から電車に乗りました。
東京駅を凌ぐと思われる巨大な駅舎にまず圧倒されました。
天井が高く、新しい駅なので、非常に分かりやすい構造をしています。
日本の新幹線は世界的に見て、セキュリティーが甘い、と指摘されるところですが、まさにそれを痛感する面倒くささがありました。
パスポートも見せなきゃいけないし、荷物検査も二回くらいあります。
当該のホームに降りるときもものすごい厳重です。
いちいち係員がドアの南京錠を開けてから入場させ、エスカレーターでホームまで降りるのです。
ホームで電車を待つ時は、線路付近から5mくらい離れて待たされます。
これに関してはきっと早晩ホームドアが出来るんだと思います。

私が日本でネット購入したのはグリーン車に相当する一等車。
30分ほどで着いてしまうので、1000円前後の値段でした。
しかし自分の勘違いで、到着した駅=平遥古城駅は、平遥古城からかなり遠く、ガイドブックに載っている地図だと、ローカル線の平遥駅なら歩いて古城までたどり着ける、という分かりにくさです・・・。
普通、名前からして逆だよね!?と文句を言っても始まりません。
タクシーばかり乗るのもお金がかかるので、バスで向かいましたが、結局中国元が無くなってきて、両替をしないといかん、ということで結果タクシーでかなり遠くにある中国銀行まで戻る形となって時間もお金も無駄に使ってしまいました。
(インドなどでは、いたる所に両替所があってとっても便利でしたが、中国では普通の銀行で扱ってなかったりするので驚きました。私の宿泊しているホテルでも出来なかったのにも不思議に感じました。でも、よくよく考えてみたら、日本でも普通の町中の銀行が積極的に両替業務をしているか?と言えばそうでもなさそうなので、私の思い込みなのだ、ということが帰国して気づいたことです。)

 気持ちを取り直して、いざ世界遺産=平遥古城へ☆


通常とは反対側の南門から入城。

220181104_130904 50

いきなりカトリック教会が出現します。

320181104_130958 50

ここも明時代からあるのでしょうか?
かなり古めかしい感じが素敵です。

420181104_131044のコピー 50

そしてこのマリア様です!
寂れた天蓋とミスマッチで、得も言われぬ感動を呼び起こします。
(実は今回の旅で純粋に感動した物事において、このマリア像はベスト3に入ります☆)
像は最近のもののようですが、古い教会と信仰が息づいている雰囲気といい、グッと来るものがありましたね。。


120181104_140625 50

平遥古城は分厚い城壁に囲まれた都市で、それぞれの城門の上に大きな楼閣が残っています。


520181104_135644 50

中国科挙博物館と書いてあります。
孔子関連の文廟という施設が、科挙の博物館にもなっているようです。


7 DSC_0005 30

古城のど真ん中にあり、象徴的建築である市楼と呼ばれる楼閣付近の風景。
雨のためお土産物を守るパラソルが邪魔して写真的には残念なものばかりになってしまいました。
道の真ん中には観光客用の撮影に使用する人力車まがいのものがあり、画面左の『待』という文字が見えるお店は私が入った喫茶店。
「コーヒーありますか?」 「はい!」 といった感じで入ったのですが、何故かメニューにあるコーヒーはなく、ホットココアになってしまいました。中国人は日本人よりもコーヒーを飲む習慣は定着してないのかな?と、今回特に感じました。
そういえば、インドでもチャイの方が圧倒的に飲まれていました。

8 DSC_0026 30

一歩踏み込むと、こうした空間が広がっていてとても魅力的です。



9 DSC_0028 30

なかなか素敵な酒屋さん。

11 DSC_0034 30

何のお店だか忘れましたが、重厚な造りの建物です。
ただの装飾にとどまらず、扁額の下には12の場面の絵が描かれてあって風流なもんだな、と思いました。

このお店の中に入ってくぐると、そこは

14DSC_0042 30

こういった世界。
居住スペースのようでした。
こうした昔の居住空間を日中で比較すると、日本はやはり質素だなあと思います。

古き良き中国。
ある意味、最も中国らしかった中国。
豊かな中国を感じることが出来ます。(今も経済発展を遂げて充分豊かですが・・・。)

12 DSC_0035 30

街灯?が槍の形をしていて、そのまま兵器の博物館になっています。
石器時代から始まって毛沢東に至るまでの刀剣の変遷が展示の中心です。
最後の方に大日本帝国の蛮行のコーナーがあって、心が痛みました。
(しかしイギリスに植民地にされた歴史には一切触れて無かったので、アレッ?って思いました・・。)


15DSC_0044 30

右端の、いかにもチャイニーズな方は写真だとリアルですが樹脂製のお人形です。
悪天候なため人通りは少なかったですが、楽しいストリートとなっています☆


古城全体が早めに閉館になってしまう季節でもあり、ものすごく寒かったせいもあり、かなり高額なチケットに見合った施設の見学は叶いませんでしたが、最後はいろいろ面白いお土産を購入して帰途につきました。
見学時間=5時間。
私の感覚からするとせめて3泊して隅から隅まで見学したい、と思いました。


ホテルに到着後、ものスゴイ勢いでお腹を下しました。
何がいけなかったのでしょうか?
ここ5年くらいお腹を壊したことが無かったので、すっかり油断していて日本から十種類くらい薬関係を持参したもののお腹の薬を忘れいていることに気づき、相当焦りました・・・。

明日はもう帰らないといけません。
その前に予定通りの行動が出来るかどうか?
不安な深夜に何度も起きてトイレへ・・・。

汚くてすみません!!

つづく。















comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

キヌケン

Author:キヌケン
FC2ブログへようこそ!
横須賀は衣笠という町で絵の教室を主宰しております。
私自身は、東京藝術大学絵画科油画専攻(学部・大学院)に学びました。
個展、美術の祭典・東京展(上野)、および現代絵画シリウスというグループを結成して活動してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。