FC2ブログ

2017-08-23

長野・南牧村スケッチ旅行&音楽会『悠久・旅人』 part 3

素敵な音楽会も終わり、後片付けなどもして、我々三彩会会員は次なる目的地に向かいました。

車で10分くらいでしたでしょうか・・。

国立天文台 野辺山です。

45m_003.jpg

可視光線を扱う光学望遠鏡ではない、見えない波長を捉える電波望遠鏡。
直径45mもの巨大なアンテナでミリ派と呼ばれる波長を見逃しません!
(と言いますか、ミリ派と呼ばれる電波を計測しております。)
敷地内に糸電話ならぬ、アンテナ通話のような簡単な設備が屋外にあり、そのアンテナの前で小声で話すと、キチンと相対する遠くのアンテナが声を増幅して伝えてくれる、という経験が出来ます。
まさしく原理としてはそれであり、世界最大級のアンテナは宇宙からの様々なミリ波を増幅して捉えるもの。

ちなみに光も電磁波であり、その波長が短いものから順に、

X線  紫外線  可視光線  赤外線  電波  と順に「波長」が長くなります。

たとえば、私たちが普段目にする可視光線の波長は0.00038ミリメートル0.00078ミリメートルぐらい。そして電波望遠鏡が捉える「電波」は、波長が1ミリメートルより長い電磁波です。

そっか、よく“電波ちゃん”というあだ名を付けられるコがいましたが、目の見えないところで波長が悠長(長い)人、という意味だったんですね!(ホントかな?笑)

いずれにせよ、ここでブラックホールの実在を証明出来たり、星と星の間にあるガスやダストを調べて、その成分や歴史などを知ることも出来ます。 
例えば、月面にケータイが置かれてあって、その電波を計測できるか?と言いますと、月以外のどの星よりも明るく観測出来るとのことです。

敷地も広大で、小ぶりなアンテナもたくさんあり、それを移動させるための線路も560mもあり、圧巻でした。

nma_005.jpg


天文台は無料で見学できます。  夏季は18:00まで開いています。



ジャスト18:00に天文台を出て、次は夕食!

あらかじめネットで調べておいた『中村農場』という清里にあるお店にレッツゴーでした☆

このレストランは、食べログにおいて3.61もの高得点を誇る名店なのです!
(ちなみに我が横須賀において3.6以上のレストランは今現在、存在してません。。)

ここは特濃卵と全国丼グランプリ金賞のお店であり、ど田舎(失礼!)にありながら、大勢の人で賑わってました。
まあ、農場経営の傍ら、レストランもやっているのですね・・。

そこでビギナーの私が注文した逸品がコレ☆


20170820_185119.jpg

最もオーソドックスな『中村農場親子丼』☆ 
名前にお店の名前を冠するこだわりの品、なわけですね🎵

アツアツ濃厚卵と鶏肉のハーモニーが、めくるめく甘美な陶酔へと誘います。
卵を三つくらい使用しているのかな? よく火が通った所と、半熟な部分、そして生なパートと分かれていて、時間差で“とじている”ことが分かります。
また今度、違うメニューを是非とも試してみたいものです☆



昨日、発見したように、ペンションに立派なお風呂があるので、お腹が膨れたら、野辺山のセブンイレブンに立ち寄ってコーヒーなどを購入してから宿に戻りました。

原さんと行きの車で、「旅行中、車の中でお菓子とか回ってくるのって苦手ですよねぇ~★」とか言いながら、乱れ飛ぶお菓子やアイス弾‼!!笑  私が率先して回したりして、完全に我を失ってお祭り気分を楽しんでしまいました。



でも、一応真面目にスケッチの講評会も行い、皆さんの素敵な絵を鑑賞しあいました🎵 (滝沢牧場のスケッチですね。。)
講評場所は、ペンションの居間でワインで乾杯しながら行いました。(未成年は水とかでした。^^;)



私はこの日も12時過ぎにお風呂タイム。
一人で入るのは十分な広さで、朝の9時まで入れるので、リラックス・リラックス。。


そして最終日。

石栗さんは例によって、朝6時半に起床してお散歩してらっしゃいました。
天気は曇り。
予報によると、午前10時に雨が降り、11時にカミナリが来る、というものでした。

予定では、川上村で描くつもりでしたが、雨になりそうだったら、また滝沢牧場に行くかもしれません、と宣言しながら石栗さんの運転で少し遠路=川上村へ。 
村の名前からも分かるように、川下ではなく川上。 つまり千曲川の上流に位置するエリアなのです。

本当はその川を描いても良かったのですが、トイレとかが近くに無く、写真撮影だけで断念。

_8213419.jpg

凄いイイ感じの上流ですね! (それにしても10時に雨が降る感じはしませんでしたねぇ~☆)


ということでこの辺で最大のスーパーであるNANAS(ナナ―ズ)を起点にスケッチすることに。

_8213428.jpg

↑ 。。。 左に見える山が、赤顔山(あかずらやま)。 右の岩っぽい山が天狗山です。(ちなみに川の写真と、この写真は野木村さん撮影です。)

皆さんは、車道に面した所で描いて、カンカン日照りとトラックの砂埃と、まさしくそのトラック・目の前駐車に悩まされてましたが、私はナナ―ズの二階ラウンジから扇風機付きのベストな環境で楽ちんスケッチ🎵 椅子もたくさんあり、イーゼル代わりに使用したりして優雅な時間を過ごすことが出来ました☆^^ (ご苦労なさった皆様には誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。。)

20170822_233355のコピー 70

せっかく楽ちんだったので、F6号のスケッチブックを見開きで倍にして大きく構図を取りました。

赤顔山と、天狗山、両方描きたかったので、窓枠を入れて、面白い構図にしました。(PC画像処理でメンドクサイところはいろいろズレたりしてますが、印象はこんなものですかね・・。)


12時半までスケッチして、帰り道のそば処=善慶庵、という素朴なお店で最後の食事をとることにしました。

_8213430.jpg

_8213435.jpg

ここは盛りそばの並か大盛しかありません!

でも、大人気なお店なのです☆

二人のおばさまが経営してらして、この日はヘルプにもう一人、おじさまがいらしてましたね。。
いずれにせよ、硬めで引き締まったお蕎麦は私好みであり、絶品でございました。
前菜?で、美味しいレタスや、きゅうり、そして甘いもの、、などがたくさん出てきて、実はそれだけでかなりお腹いっぱいになったりします。


お腹もかなり膨れて、最後にまた資料館に戻り、ロビーで講評を行ったのち、記念撮影。
野木村さんも入っていただいて、計10名☆

20170821_145620_001 50


そして至近のヤツレンというショップで、お土産タイムしました。
いろいろ売ってそうで、実は野菜と乳製品しか販売してなくて、若干失敗しましたね・・・。
ここは大変失礼しましたです。


最後に駅前のガソリンスタンド=ENEOSで満タンにして杞憂を払っていざ帰途へ・・・。

と思いきや、ワタクシ=田所の気まぐれで、道中、いつも入りたくて実現してなかった『仏画美術館』にスッと、皆さんをお連れしてしまいました。

そこは安達原 玄さん、という3年前に亡くなられた日本画家がほとんど制作した仏教絵画がたくさんたくさん展示されていました。

20170821_163922 50

こんな感じの展示です。

床にも壁にも天井にも、所せましと圧倒的な物量作戦でブツガが展示されています。
ブツガに慣れていない人はきっと眩暈を起こします。
それが仏画の狙いなのかもしれません。
もともと仏画は、修行のためのもの。
そこでお香を炊いたり、音楽やったり、時には大麻吸ったりして、あの世界を垣間見ようとしていたわけです。
タジキスタンとかのでっかい涅槃像とかも、ドーンとあって、凄い迫力でした!

20170821_164317 50

↑ は、私がちょっとアートっぽく撮ってみました🎵 なかなかカッコいいでしょ?

本来なら、勝手に撮影とかダメでしょ、と思います。問題ありましたら、通告下さいませ。。m(_ _)m

山梨の風光明媚な片田舎にこんな立派な美術館があって、大変感激しましたね☆


最後の最後に、私のお気に入りのお面をば。。

20170821_163638 50%

こういうお爺ちゃんになりたいなあ、と思った次第です。(まあ、ほとんどなっているやもしれませんが。笑)



 


須玉インターで高速乗って、談合坂で休憩して、圏央道乗り換えて、海老名で東名、そして保土ヶ谷バイパス、横横、という行程でしたが、途中かなりの渋滞に巻き込まれてしまいました。

皆さんにブツガに付き合っていただいた代償がかなり高くついて、帰宅が遅れて本当にすみませんでした。
m(_ _)m

結局早くて9時。 遅い人で11時を超えてしまいました。
大反省して、今後は気を付けたいと思います!


今回のスケッチ旅行は、私の展示も見ていただいたり、音楽会を盛り上げていただいたり、細かい所に至るまで、とてもお世話になりました。
この場を借りて、あつく御礼申し上げます。

有難うございました。

そして文字通り、お疲れ様でした☆☆☆










comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

キヌケン

Author:キヌケン
FC2ブログへようこそ!
横須賀は衣笠という町で絵の教室を主宰しております。
私自身は、東京藝術大学絵画科油画専攻(学部・大学院)に学びました。
個展、美術の祭典・東京展(上野)、および現代絵画シリウスというグループを結成して活動してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード