FC2ブログ

2016-07-22

銅版画教室 アクアチント☆

 三浦のinoueさま、いつもコメント有難うございます。

5月と6月の日曜教室は銅版画教室でした。
そこで、銅版画教室のアクアチント実演を少し掲載させていただきます。

IMG_1031 50%

↑ 黒っぽくカバーした所以外を松脂のコナで腐食させるのですが、うまく粉末状になるように布袋の中にビー玉を入れてカツンカツン振りまきます。 エッチングは線のアートなのですが、面的に黒っぽく見せる技術です。


IMG_1033 50%

↑ 蓋をして粉が移動しないよう待ちます。


IMG_1038 50%

↑  電熱器で温めます。 これで松脂が溶けます。


IMG_1043 50

↑  先生曰く、「板面が汗をかいてきたら水で洗って下さい。」


IMG_1047 50

↑  よく洗い落としたら、腐食液に漬けます。


IMG_1051 50


↑ 取り出して確認☆


IMG_1053 50


↑  また水道水で洗います。


IMG_1058 50


↑  水分を取ります。 この段階で、今までツルツルだった板面が全体的にえぐれてきているのが分かります。ザラザラしているわけです。


IMG_1063 50

↑  薬品をかけて黒いカバー部分を取ります。


写真撮影はここまでで、完成作品はまた近日中にアップ致します。m(- -)mすみません。。


いずれにしても、なかなか面倒な行程を踏んでやっと一枚の銅版画が出来るのです。
大変ですね。





comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

アクアチントは大変難しい技術だと思いました。自分が思ったより
黒かったり、あまりかかってなかったり、経験が必要ですね
銅板画は、黒、白をはっきりさせ どこか白く抜ける所が無いと
だめですね。頑張りすぎて、書きすぎると裏目に出ますね (😭)
もう少し、勉強したいと思いました。 井上さん、褒めて頂き
有難いです。これからもよろしくお願いします。
プロフィール

キヌケン

Author:キヌケン
FC2ブログへようこそ!
横須賀は衣笠という町で絵の教室を主宰しております。
私自身は、東京藝術大学絵画科油画専攻(学部・大学院)に学びました。
個展、美術の祭典・東京展(上野)、および現代絵画シリウスというグループを結成して活動してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード