FC2ブログ

2014-06-16

第74回YB展☆受賞おめでとうございます!

 先週まで行われていました横須賀美術協会=YB 展。

そこにおいて我が教室から二人の受賞者が出ましたことを報告致します!


 まずは入会して10年以上いらしてらっしゃる近藤さん。

F100号という大きなキャンバスに正面から挑みました☆

IMG_00014縮小40%のコピー

川越の亀屋さんという老舗のお菓子屋さんを描きました。
蔵造りで有名な小江戸=川越。
火事を考慮して黒く塗りこめられた壁が難しいモチーフです。
近藤さんは健康的で大らかな作風でまとめました♪
秋にスケッチに行ったので、鰯雲を大胆に取り入れ、良い特徴になっています。
審査では賛否両論だったそうですが、物議を醸すくらいが丁度いいですね。。

IMG_0013縮小40%

このように最上位の賞であるYB賞(丸山氏作品)と、光風会会員でYB展の重鎮でもある岡田氏の重厚な作品に囲まれる、というベストポジションに飾っていただきました☆

さらにクサカベ賞をいただき、晴れてYB会友からYB会員に推挙もしていただきました。

本当におめでとうございます!



 次の作品は鈴木さんの、鐘楼を描いた作品『桜華に霞む』です。

IMG_0005縮小40%


これは鎌倉スケッチが元になった作品で、F50号ながら大胆な構図で迫力があります。
白いしめ飾りのようなものが風になびいていて動きをもたらしています。
そこに空気の流れのようなものが表現されて初めて絵になった、というべきでしょう。
小気味い木彫の描写も素敵です☆

この作品はけっこう上位の賞=横須賀市教育委員会委員長賞というものをいただきました。

おめでとうございます!!


 あとは既に会員となられている原さんと青木くんの作品を紹介します。

IMG_0018縮小40%

『再生』と名付けられた100号の大作が原さん。

完全にイメージの世界で、綺麗であるとか上手く描けている、とかではない、迫力に満ちた作品です。
何か葛藤のようなものも感じますね。
内面的なドラマが展開され、容易な解釈を拒むかのようです。
いつかまとめて連作として見てみたいですね☆


次はというか、最後は青木くんの作品『木の子供達』。

IMG_0017縮小40%

向かって右側の作品がキノコたちでございます。。

この作品もまあ、容易に解釈を許さないわけですが、どこかおかしくもあり、どこか怖い内容を持った表現は青木くんの独壇場!
本当は可愛らしく描こうとしたらしいのですが、終わってみれば不気味な印象はぬぐえません。
一回見たら一生忘れないほどのインパクトってやっぱり凄いと思います!



ということで、第74回YB展も大変充実した内容をもってめでたく閉幕しました。

他の会員さん会友さん、一般の方々の作品も力がこもっていて見応えがあったことを記しておきたいと思います。。
プロフィール

キヌケン

Author:キヌケン
FC2ブログへようこそ!
横須賀は衣笠という町で絵の教室を主宰しております。
私自身は、東京藝術大学絵画科油画専攻(学部・大学院)に学びました。
個展、美術の祭典・東京展(上野)、および現代絵画シリウスというグループを結成して活動してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード