2013-01-17

模写をやっています☆

 ちょっと遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます☆


昨年はうちの研究所もいろいろありました。

4月の教室展では史上最高の観客動員数だったり、秋の川越スケッチ会も、皆さん実力を発揮して、素敵な絵がたくさん出来たりしましたね。。

今年も皆さんの良い思い出作りと画力の向上を目指すべく、ワタクシも最大限努力してゆきたいと思います。

その上で、今年のスローガンは、〝もっと楽しい教室にする!”ということを挙げたいと思います。


やっぱり毎週いらして下さっている皆さんに、様々な点において応えて行かなければいけないなあ、というのが基本です。


 ということで、早速ではありますが、今度の新年会においてちょっとした“サプライズ”を用意しましたので、お楽しみに♪^^



 ではでは、昨今の皆さんのお仕事から少しだけ抜粋してご紹介致しましょう☆
ここでアップする画像は全て途中段階です。。


今度行われる第38回三彩会展における共通テーマは、ズバリ『模写』。

皆さんに好きな絵描きさんの作品をチョイスしていただいて、じっくり取り組んでいただこう、というものです。

目的は、もちろん今後のご自分の制作に活かすためもありますが、せっかくですから、描いた絵を家に飾ってもいただきたいですね。。

気にった仕上がりまで追求して、自分の引き出しにいろいろなノウハウをしまっておきましょう!

言葉で、何なにが勉強になった、と言えないまでも、確実に掴めるものが、模写という作業にはあります。

かく言う私も高校時代や浪人時代に模写をした、その〝実感″というものは深く心に刻まれております。


 ということで、全員は紹介出来ませんが、まずはベテランのおおきさんのルノアールです。

大木さんルノアール模写

 だいぶ進みましたネ♪^^
もう印象はかなり出来ています!
 
 右の子供は、女装した男の子らしいです。(ちなみにこの絵は部分模写です。)

わりと初期の絵ではありますが、一番難しいのは輪郭線の扱いでしょうか・・・。
キッチリとした線で括ることが出来ません。
このボワボワっとした線の扱いからしても、改めてルノアールの凄さが分かります☆

今のところ、椅子の模様など、とても秀逸です。
これは今後にすぐ活かせるのではないでしょうか・・。

あともう少し、、がんばって下さい!


 次は、この方もベテランさんで、なかむらさんのシスレー。。。

中村さんシスレー模写

 実は写真の段階を超えて、もう完成してらっしゃいます☆^^

ゆうに3ヶ月以上かかりましたねぇ・・・。

本当にお疲れ様でした。
m(_ _)m

遠景の水色がとても綺麗です♪
 
あと、親子連れの点景人物もかなりお上手ですね。

どうしても模写の場合、パレットで色をちゃんと作ってからの作業となるので、印象派独特のウエットインウエットは難しくなります。
なかむらさんの場合も、キチンと色を作って塗っているので、そのあたりが若干絵を単純に見せているかもしれません・・。
しかしながら、写真のように模写することが目的ではなく、そこから何かを得てくることが第一義なので、これはこれでとても勉強になったことと思います☆^^

また三浦の大根畑も、新しい境地を開拓して行って下さい!


 3番目に紹介しますのは、この方もベテランさん=たけうちさんのシャルダンです。

竹内さんシャルダン模写

 なかむらさんと打って変わって、この絵はまだこの段階で4回目くらい。。
下描きで線を入れて、褐色で明暗をだいたいつけて、ちょっと固有色を塗ったくらいのものです。

 でもあら不思議☆

何だかシャルダンの雰囲気がバッチリ出ています!

たけうちさんは、やはり静物の方なので、この絵は本当に勉強になると思います。。

特に厚塗りの上に描写してゆく方法と、輪郭線の見え方の強弱を学んでいただきたいと思っております。

 楽しみながらがんばりましょう!


 最後に紹介させていただくのは、ニューカマーでいらっしゃるすずきさん。

この方は渋いチョイスでアングルの自画像です。

鈴木さんのアングル模写

 最初は、イギリスのコンスタブルを模写しようとされてましたね。。

でもなかなか良い画集が無いのです・・。

 研究所にある画集の中からアングル、それも『78才の自画像』を選ばれた時は、その渋い感性に私もビックリしました。笑

改めてアングルの画集を眺めていると、やはり年を取れば取るほど良くなってきます。
若い頃は売れっ子の肖像画家&歴史画家だったのでしょうが、よく見ると上手いは上手いのですが、ちょっと固くてテクニックだけのようにも見えてしまうアングル。

 それが40を超え、50を超えるようになると、様式化が進み、良い意味でデザイン的になって、さらに精神性も増して来ます。

 かの有名な『トルコ風呂』も何と79才から描き始めて83才で完成させた、という元気モノぶりです。

そうしたアングルのブッチギリの足取りをちゃんと見抜いて、晩年の自画像を選ばれたすずきさんは、それだけでスゴイなあと思います。

 今のところ、まだまだ下地の段階で、色もあえて違った色相のものを塗ったりしていますが、ある意味、これで充分貫禄は伝わります!
(むしろ立派な背広などは、こうした表現に留めておいた方がモダンでかっこいい感じもしますね。)


でも、すずきさんは、満足の行くところまで描き進められることでしょう☆ (あとはもうちょっと老け顔になるといいかな。。^^)

 完成を楽しみにしております!


 ということで、皆さんの完成作品は、4月4日から9日まで、横須賀文化会館で行われる三彩会展で出品されますので、皆様、こうご期待♪

 もちろん、今日紹介出来なかった、他の方々の模写もだんだん出来上がってきております!

今回はまた違った雰囲気の展覧会となるでしょう。。^^


皆様、いつも本当に有難うございます☆




プロフィール

キヌケン

Author:キヌケン
FC2ブログへようこそ!
横須賀は衣笠という町で絵の教室を主宰しております。
私自身は、東京藝術大学絵画科油画専攻(学部・大学院)に学びました。
個展、美術の祭典・東京展(上野)、および現代絵画シリウスというグループを結成して活動してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード