2017-06-19

個展終了☆

 6月18日(土)をもちまして、銀座・光画廊での田所一紘展が終了しました。

ご来場の皆さまには本当に感謝です。有難うございました。


 今回は、一階にあるギャラリーだけあって、一見(いちげん)さんがたくさんドアを開いて見て下さいました。
もちろん旧知の方々のご来場もとても嬉しいですが、新しい出会いが重なると感激もひとしおです。

火曜日でしたか、同じ銀座7丁目のBarの女性が二人連れでご来場下さり、何やらお店に飾る絵を探してらっしゃるとのこと。
銀座界隈をあちこち探して、私の絵が一番雰囲気が合うと、チョイスして下さいました。

そして土曜日に画廊の社長さんと一緒に納品・飾り付けに行って参りました。

20170617_142603のコピー50

この絵は、先のブログで掲載した『バクタプルの窓』という作品です。


20170617_142547のコピー50

この作品は、『見上げた刻(とき)』という作品。 今回の個展で自分的にも一番気に入っている作品の一つでした。


20170617_142621のコピーjpg50

この作品はCG作品で、『ポカラの窓』 。 私がネパールのポカラに滞在したときに、面白い建物があったので、一泊だけしたペンションがありました。
そこの階段と窓がモチーフとなっています。
かなり抽象的て分かりにくい作品かと思っていましたが、よくぞ見染て下さいました感がありますね。

オーナーのお若い女性にお聞きしたら、「美術館鑑賞やギャラリーの展覧会、コンサートに至るまで、かなり見たり聴いたりしています。」とのこと。

さすが、銀座の方々は常に知識と教養を身に着けるべく努力を怠っていないのですね。



いずれにしても、自分の絵が本当に気に入ってもらえて飾られるのは、最高に嬉しいです。


協力して下さった光画廊の社長さんふくめ、関係者の方々に改めて御礼申し上げる次第でございます。


ちなみにBarの建物は↓です。

20170617_141349 50

このビルの10階にあります。

名称は、 club uma ginza 7  です。

場所は、中央区銀座7-3-14 月光ビル です。

20170617_141414 50のコピー

写真だと分かりづらいですが、店内はとても清潔で高級感もあり、もっと華やかな印象です。
少し落ち着いたら、お酒を飲みに行ってみようと思います。








そのほか、二回も三回もいらして下さった方もいて、さすが銀座だなあ、と感慨を新たにしました。

初めての方々とのコミュニケ―ションは、実に刺激的です。 特に東京の方々は良い意味でエキセントリックな所があってお話してても非常に面白いと思います。 常識を超えた内容が楽しいのです。


もちろん、東京展の皆さん、いろいろな所でご活躍の作家さん、横須賀の皆さん、友人・知人の方々、、励ましのお言葉を多く頂戴しました。

本当に有難うございました。








2017-06-13

田所一紘個展 Ⅰ

 6月12日(月)から17日(土)まで、銀座・光画廊にて、田所一紘個展が開催されています。

20170612_110817.jpg




 光画廊さんでは9年ぶり二回目の個展。
前回はわりと空想的な絵でしたが、今回は寺院シリーズの一環として、タイ・ネパール・インドに取材した、実際にあるものをモチーフとしています。

20170612_123306.jpg




画像は悪いですが、

20170612_123203.jpg

左の絵・・・ネパール

中央の絵・・・タイ

右の絵・・・インド

ですね。

暗い闇から真ん中に行くに従い、明るい空間になるような構成。

それは、マンダラであり、ヤントラでもあります。

つまり、真ん中に行くに従い抽象度は上がり、『空』になります。

五輪塔で言えば、 『土』 『水』 『火』 『風』 『空』 といった感じに波動が微細になります。


全体テーマは、“意識の扉”。

意識的領域から無意識的領域へ・・・。 あるいは逆に無意識的から意識へ・・・。

DMを皆さんにお送りした際に、私は以下のようなコメントを添えました。

「インド・ブバネシュワルの寺院廃墟の中に座って、そこから外を見た経験が、大きなモチベーションとなっています。 インドの寺院はマンディールといって、拝殿と神殿とに分かれます。 その神殿に近い所に座って、しばらくの時間、私はボーっと外を眺めたのでした。 「そうか、神様側から見たらこのように世界は見えるのか。」と思ったと同時に私の心の中で大きな変化がありました。その感動を表現したいと考えたのですが、それはとても微妙なものなので、絵として伝えきれるかどうか、はなはだ心もとないようにも思います。 少しでもその感動が伝わると良いと念じて制作しています。」

この文言のアンサーは上の縦長の絵(縦120cm×横57cm)に、かなり直接的に表現されています。

私は神殿から拝殿を通して外の風景を見て、“自分というものを大切にしないといけないな。”と思ったのです。

簡単に言えばそういうことです。

自尊感情を強くして利己主義になっては、もちろんいけません。
自尊の在りどころ、ですかね。


何卒ご高覧下さいませ。 よろしくお願い致します。

2017年 田所一紘展 DM文字面アイデア2








2017-06-09

第77回 YB公募展 ☆

残りあと一日となってしまいましたが、6月4日(日)から10日(土)まで、横須賀市文化会館にて横須賀美術協会展が開催されています。

全体感としてはとても清々しい展覧会でした。
皆さんの描きたいものがストレートに表現され、なかなか見応えがありました☆

ということで早速当研究所関係の方々の作品を紹介してまいります。

5dc65c3bce9de916998cfac27eaf1393 50

まずはエース原さん。
文句なし!!! 
素晴らしいです♪
密度がありながらも開放感もあって、100号の画面がとても大きく見えました。
女子高生もうっとりと佇んでいましたね。。


20170605_173212 50

次は水曜日のエース近藤さん。
若干小ぶりな30号。
おうちが骨董屋さんをやってらして、その一隅を描かれています。
暗い世界から明るい世界へ。
そして一つ一つの古き物が丁寧に歌い上げられていて、時間の堆積を感じさせます。
特にガラス器の表情が素敵ですね♪


20170605_173333 50

次は今年復帰された渡邉さん。
F8号二点を額で連結させた作品です。
常に女性をテーマとしており、エレガントな表現となっています。
そして女性のたおやかな内面が描出されているように思います。
男性が描くと少し違った感じにならざるを得ませんが、美しくて優しい、そして何か運命を背負っているような、深い精神性があります。


20170605_173404 50

次は三浦のエース=井上さん。
今年の三彩会展に出品された女性像を、下にも伸ばして描かれたようです。
少し人形なような表情が面白いですね。 
モデルさんに似ていますが、中身は井上さんの創作、といった感じ。
魂魄の魄を表現されている印象です。
ディテールの表現は流石ですね☆


20170605_173550 50

次は若手20代のエース=渡邉さん。(二人目の渡邉さん。。)
自分のおばあちゃんを描いています。
しっかりと生活されてきた落ち着きと風格が感じられますね。
草花の描写とあいまって絵本的な味わいがあります。
そして濃厚な色彩が良いですね! 生き生きとしています☆


20170605_174022 50

最後になりましたが、YB展を支えるベテラン=橋本さん。
タイトルのごとく男女の愛であり、社会の平和であり、自由であります。
最近は抽象も描かれていて、その成果がここに現れていると思います。
特に背景描写に闊達なおおらかさを感じます。
シャーベットトーンな色彩の美しさは橋本さんならではのものです!


以上でありますが、ここにご紹介出来ないYB作家の皆さんの作品もとても品よく並んでいて、繰り返しになりますが、横須賀市民として誇らしい気持ちになりました☆☆☆

また来年も楽しみにしております!










2017-05-31

片岡さん展示会☆

後記事になってしまいましたが、新宿・高島屋で開催されていた片岡操さんの展示会に行ってまいりました。

5月10日から16日までの一週間開催でありました。

20170511_160516.jpg

陶芸の寺本るみさんは、大学の後輩筋にあたる方のようです。

ここでは片岡さんメインに写真紹介させていただきますが、お二人の相性もとっても良く、これから夏に向けて素敵な生活を提案してくれている展示会だと感じました。

20170511_161029.jpg

真ん中の『オリエントの風―金赤―』という作品が今回のDMになってまして、自信作。
見るからに手間暇かけて作ったようであります!
いくつかのパーツに分けて制作され、最終的に色彩豊かなガラス器となったこの作品は、片岡さんの才能と努力が結実したもののように強く感じます。
まずもってセンスがいいんですよね。。

20170511_160540.jpg

ショーケースにも素敵な作品が飾られていました☆
金銀泊やレースをふんだんに使ってゴージャスな雰囲気を醸し出しています。

今回は小品のみの購入となりましたが、いつかお金を貯めて、ガツンと大物を求めたいと思っております!!

またの展覧会を楽しみにしております!!!







2017-04-28

三彩会展、ご来場有難うございました☆

 皆さまのお力で今回も855名もお客様が来場し、盛況裡に第42回展を終了致しました。

六日間、お疲れ様でした☆


さて、少しではありますが、会場風景をアップしたいと思います。
20170331_122925 40

20170331_122931 40

20170331_122941 40

20170331_123009 40

20170331_123029 40

20170331_123044 40

20170331_123128 40

写っている方も、そうでない方もいますが、どうぞご容赦を。

45名の気持ちが一緒になって、会場にはとても良い気が流れていました。

あと、壁・・。 全面リニューアルしたんですね。
ホント、画びょう打つのがもったいないくらい綺麗でした。
絵も映えました。


来年は4月5日からとなります。

不肖田所一紘、抽選に行って参りました。

そして20組中、何と1番くじを引いてしまいました!!!

ある方に「無駄に運を使い果たすんじゃないよ!」
と言われました。

早くから来て、並んでいた方々へ・・・・・ギリギリに来て、一番おいしい所持って行って、すみませんでした☆
がんばります!!
プロフィール

キヌケン

Author:キヌケン
FC2ブログへようこそ!
横須賀は衣笠という町で絵の教室を主宰しております。
私自身は、東京藝術大学絵画科油画専攻(学部・大学院)に学びました。
個展、東京展(上野)、日韓展、および東京サテライトというグループを結成して活動してます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード